スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

沖縄&宮古島へ行ってきましたー 

今日は番外編ですー。沖縄と宮古島に行ってきました。
(※すみません。画像がでっかいです)
今回は完全プライベートでほっこりの旅。
大きな空と、見たことないブルーーーの海に囲まれて・・・ぼーっと自然と一体に・・・


068 (800x600)



だったはずなのですがいつの間にやら
こんな景色が見える海沿いのカフェでピアノを弾かせていただいてました。

018 (800x600)

↑隣がいきなり海。


043 (800x600)



地元の素敵クラシックのベテラン先生『ケイコ先生』に連れられて・・・

「とっても景色のいいレストランがあるのよ」と
じゃあちょっとだけ~って
気が付いたらスイッチが入ってしまい、BGM担当に?

私がピアノを弾きだすとコーヒーやらお菓子やらあれよあれよと出てきます。
写真はサービスしていただいたコーヒー。
沖縄風アイスクリームも出てきました!美味しかった♪

遊覧船さん、ケイコ先生、たくさんありがとうございました^^


033 (640x480) (500x375)


そしてその後先生のお宅でミニコンサートをさせていただくことに。
最後は生徒さんと連弾もさせていただきました。
すごく真剣で純粋な生徒さん。はにかんだ笑顔が印象的でした。



056 (500x492)


沖縄本島の夜はジャズのライブハウスへ。
最初におじゃましたのはパーカーズムード。毎日ライブをしているようでした。

2軒目に訪れた、JAZZ LIVE IN寓話。
一番古そうなライブハウスに行きたくてネットで検索してビビッときたんですが
やはりご縁がありました。
わたしのアンテナには狂いがないのだ!
じぃんとする瞬間あり。
ママさん、ありがとうございました。
素敵なヴォーカルさん平岡さんとも出逢いましたので次はライブします!(写真撮り忘れました)




118 (500x375)


そして魔法がかかったような宮古島。

軽く聞こえるかもしれませんが、超本気シンクロの連続でした。シンクロの意味わからない人の為に説明すると、潜在意識とあちこちの意識が繋がってて同時に同じ事があったり起こったりする事です。(もっといい説明が欲しい人は自分で調べて下さい)

いろんな事が出来すぎで、頭がぐるぐるしっぱなし。。
味わう暇がありませんでした。。。

147 (800x600)


宮古島のピアノの先生、下地博子先生のはからいで、素敵なレストランでピアノを弾かせていただき、
トロンボーンの方とセッションさせていただきました☆
またぜひ宮古島で、ご一緒したいです^^
(ご連絡お待ちしています~^^)


あとは自転車三昧・・・。
レンタカーを借りていましたが、車に乗り飽きてレンタサイクルで走りまくり 恥ずかしいネタもできてしまいました。(fb参照)
(〃ω〃)
笑いが止まりませんでしたが。。。



夕陽が沈む絶景の浜辺でまさかの乗馬体験も!

246 (2) (500x375)

写真は一緒に旅をしてくれたかずちゃんです。
私よりずっと絵になってるので

なぜこんなことになったかは私もわかりません。。

内股が超筋肉痛。。。



帰る前の日にやっと海にも入りました^^(10月なのに8月の北海道の海よりあったかい!)


342 (600x800)


一生懸命おうちを作ってるヤドカリの邪魔をして遊んだいじめっ子です。


354 (600x800)


私はどっちかっていうと山育ちなので、海に囲まれた環境が想像できずカルチャーショックの連続で、事態を把握するのに必死でした。
「南国での生活」というスキルが全くないので、聞いたことのない蝉の声とか、街路樹の完全に東南アジアっぷりとか、もうわけわかりません。。

島の狭さなのか、いや、本当はもっと違う意味だと思いますが出逢った人みんなが連鎖してるっていう事も体で実感。
なんだか出会う人が全員位パワー炸裂系ですごい人たちばかりでした。
この島に住んだら皆こうなるんだろうかと思うほど。。。



427 (500x375)


次回は往復2円で飛行機ゲットするどー!
(同じ宿の人が往復2円で沖縄来てたんです!)


お読みいただきありがとうございました。^^
ぽちっとお願いしまーすm(。。)m

スポンサーサイト

夏の終わりに。 

早いもので2010年ももう半分を過ぎ、8月も終わりを迎えようとしている。
今年の始め、三つの強い刺激があって、私には勢いがあった。
季節の移り変わりと同様に、同じ時はひとつもなく、変化し、上を向いたり下を向いたりしている。
今は、少し辛い。
どの情報誌を見てもすごいテクニックを持った若いピアニスト達がどんどん出てきて、私は焦り、自分のよさを見失い
見栄も張れないくらいに落ち込んでしまった。
ピアノに向かうこと自体が苦痛な毎日。でも自分で「これで生きていく」、と決めた道にまだまだしがみつきたい想いとのギャップ。
体力も気力も奪う暑い夏。
・・・そんな夏もそろそろ終わりに近づいている。眠れない悩みの種の蝉の鳴き声も最近聞えなくなった。
こんな悩みの毎日もきっと終わるに違いない。
なぜなら、この秋にはこの痛みも癒してくれるに違いない素晴らしいアーティストを間近で感じることが出来る機会に恵まれているから。
アブドゥーラ・イブラヒム(ダラー・ブランド)の上賀茂神社コンサートがこの秋10月2日、3日にせまっている。
わたしは一聴衆としてそのチケットを買った。

よく行くジャズ喫茶でそのレコードを初めて聴いたその時は、ジャズの枠にとらわれない大きなスケールと怖いくらいの繊細さを感じた。スピーカーから流れてくる、まるで壊れそうなガラスのような音に たばこをふかしながら身を委ねていると、自然と心の痛みが癒されたり泣きたくなったりした。
そして先月、機会があってNHKBS-2で放送されたアブドゥーラ氏のドキュメンタリー番組上映会が個人宅であったのでそれに参加してからは、間近で観たい、という想いは更に強くなった。

彼は故郷の南アフリカ出身で改名前はダラー・ブランドの名前で知られ、ヨーロッパツアー中にデューク・エリントンに見出され、世界的に注目を集めるようになる。
1966年にはデューク・エリントン・オーケストラを率い、1976年にはアパルトヘイトにより弾圧されて国外退去を強いられ ニューヨークにて生活をしていたという。現在は南アフリカとニューヨークを行き来しているそうだが、これまでの人生での苦労は私なんかでは計りきれない。
何が大事か、音楽って何か、どうしてこんなに悩まなくてはならないのか、彼はその答えを全て知っている気がする。

上賀茂神社でのコンサートは今回で3回目。聞くところによると今回はアブドゥーラ氏本人の強い希望から企画が始まったそうだ。それほど、彼にとっても上賀茂神社でのステージは貴重なものらしい。チケットも残りわずかだそうなので、運よくこのブログを見た方はぜひとも問い合わせしてみてほしい。
プリンターが壊れているのでフライヤーを載せられないのが残念だ。
問い合わせ先はラッシュライフ(リンクもしています)075-781-0199まで。

●10月2日(土)、3日(日)
アブドゥーラ・イブラヒム ピアノコンサート 
京都上賀茂神社
開場 pm6:00
開演 pm7:00
チケット6000円(前売りのみ)
 


・・・そして来る9月17日、その上賀茂神社コンサートを前にラッシュライフとNHKの協力で、ドキュメンタリー番組の上映会が京都上七軒近くのカフェ・フロッシュで行なわれるので再度見に行こうと思う。

●9月17日(金) 

NHKBS-2 ドキュメンタリー番組 上映会
『南アフリカ 絶景を弾く-ジャズピアニスト アブドゥーラ・イブラヒム』
pm7:30~
(上映時間は約1時間30分)
入場無料(1ドリンクオーダー)

お問い合わせはカフェ・フロッシュまで 075-205-2703

コンサートに行く人も行けない人も必見です。

上賀茂神社で龍を見た、というアブドゥーラ・イブラヒム。
わたしは彼の呼吸を聴きたいと思う。とても楽しみだ。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。